山本学園高等学校 YAMAMOTO GAKUEN HIGH SCHOOL

アーカイブ

NTTdocomo×YAMAMOTO=5Gオープンパートナー事業

2020/01/30

お知らせ

2020年、日本国内で5G《5th Generation》通信の運用が本格的に始まります。

超高速回線である5G通信が広まることで、VR(ヴァーチャルリアリティー)やAR(拡張現実)などの新しい技術が日常のあらゆる場面に登場し、私たちの生活を便利で豊かなものにしてくれるはずです。

山本学園高等学校では、昨年度より全校生徒にタブレットを導入し、HR・授業・部活動など、学校生活のいろいろな場面で利用を進めています。タブレットというツールをもっと有効に活用するために、5G技術を教育の場面で利用できるよう、NTTdocomo様とさまざまな議論を交わしてきました。

今回本校が共同で実施する「NTTdocomo5Gオープンパートナー事業」では、新しい学習指導要領に定められている「探究」授業のなかで5G技術を利用するためのモデルプランを提示し、検証を行います。

●日 時:2月19日(水)13:25~15:15

●場 所:山本学園高等学校 ICTルーム

授業では「最新技術で支える山形のみらい」をテーマに、トヨタカローラ山形様、山形市役所様、NTTdocomo東北支社様にご協力いただき、それぞれをネット回線でつないだ多次元中継でパネルディスカッションを行います。通信・自動車・福祉などの分野における最新技術の活用にも触れ、考えを深めていきたいと思います。

教育関係者向けに公開も行っていますので、希望なさる方は本HPの上下にあります「お問い合せ」フォームよりご連絡ください(スペースの関係上、定員になり次第締め切らせていただきます)。

大学入試センター試験に全力投球!

2020/01/17

お知らせ

センター試験目前。本校特進コースの生徒も本気で挑戦します。

本校特進コース卒業生の伊藤翔汰先生より激励文が届きました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

試験本番ではかならず覚醒すると、

信じてます!

山本学園の特進の勉強は本番に強い!

それが僕たちのスタイルです。

焦らず、意識しすぎず、まわりに流されず。

マイペースで自信をもって取り組む。

テスト後は「できなかった」と思うかもしれない。

でも、それはフェイクイメージ。

僕たちも、テスト後は「失敗した」と思った。

でも実際は「自分史上最高の点数」だった。

とにかく自分にとって良いイメージをもって戦う!

全力応援中。伊藤翔太

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

33校 合同学校説明会開催!!

2019/12/12

進路

 

12月11日の5・6時間目に

大学・短大・専門学校33校をお招きして1・2年生合同学習会を実施しました。

2年生は進路を具体的に決めるためにどんな学校なのか知る機会として

1年生はこれから自分の希望する職種に就くためにどの学校に進学すべきか

を学ぶ場となりました。

 

 

各学校のブースに希望する生徒が集まり、先生方から熱心な学校説明を

して頂きました。お忙しいなかたくさんの学校の先生方からご指導いただき

ありがとうございました。

今回の学習会は㈱マイナビ様よりご協力頂きました。

ありがとうございました。

 

 

新しいジャージです!《令和2年度新入生》

2019/12/06

お知らせ

令和2年度新入生向けの新しいジャージの準備が進んでいます。ブランドはpuma、色はインディゴブルー、価格は据え置きです。

先週、ロゴのプリントテストを終えて、ついにお披露目となりました。

部活動の練習着・移動着としても使える、今年の自信作です!

【先輩の活躍】風間太樹さん 

2019/05/09

お知らせ

本校卒業の風間太樹さんが長編初監督する映画「チア男子‼」

が5月10日からソラリス&フォーラム山形で上映されます。

風間監督は高校時代「野球部男子‼」でした。

ヤマモトは先輩たちの活躍を応援しています。

 

チア男子‼はこちら

イケメン監督はこちら

3Dプリンター贈呈式 

2020/02/14

お知らせ

2月13日に本校ICTルームにて3Dプリンター贈呈式が行われました。

これは「次代を担う子どもたちに3Dプリンターを贈ろう!」

3Dプリンター導入プロジェクトとして

メイカーズ ネットワーク 代表 大津様より

3Dプリンターを贈呈して頂きました。

 

この活動の趣旨として

県内の学校に県産部品をふんだんに使用した手作りの3Dプリンターを

活用し、変化の激しい時代を生き抜くために必要な能力を身に付けるための

教育活動を発展し、やまがたの次代を担う人材を育成するという想いのもと

活動されています。

 

貴重な3Dプリンターを活用し教育活動をより一層充実させていただきます。

ありがとうございました。

 

【男子バスケ部】新人冬季リーグ戦が終了しました

男子バスケットボール部です。

1/25、2/8、2/9 の3日間にわたり、冬季新人リーグ戦が行われました。
チーム一同一所懸命頑張りましたが、力及ばず、2/11 に行われる入れ替え戦に駒を進めることはできませんでした。

今回の大会を通して良かった点は、オフェンス力の向上です。
なかなか点数をとれなかった我々でしたが、全試合今まで以上の得点をあげることができました。
アウトサイドのシュートだけではなく、インサイドにボールを入れてからの得点も何回も決まり、新しい攻撃の形を加えることができたと思います。
課題はディフェンスです。
もう少し失点を減らさないと勝利までつなげることができません。
ゾーンディフェンスでは少し形が見えましたが、切り替えが遅れると点数を取られてしまいます。
ディフェンスは調子のムラがありません。次の大会に向けて、チームとしてディフェンスの強化を図りたいと思います。

全員がヘトヘトになりながらも最後まで頑張りきることができたのは収穫でした。
保護者の皆様も寒い中応援いただき、本当にありがとうございました。

【男子バスケ部】冬季練習

男子バスケットボールです。

新しい年を迎え、私たち男子バスケットボール部も、毎日楽しく活動しています。

冬期間の練習は、体育館での活動が少なくなってしまいます。このようになってしまうのも雪国ならでは。仕方のないことです。体育館を使える日は、シュート練習やゲーム形式の練習などを一所懸命取り組んでいます。しかし、体育館を使えない日は個人のスキルや体力の向上をめざし、校舎内でトレーニングです。

室内での練習は、体育館での練習に比べれば、やっぱりつまらない。しかしやりきることが大切です。

苦しい筋トレは、自信につながります。ギリギリ競り合ったとき、「自分はこれだけやったんだ」という心の支えになり、競り勝つ力を与えてくれます。スキルトレーニングも、積み重ねていくことで多くのプレイを身に付けていく土台となります。

なかなか成果が形として見えづらいトレーニングですが、上達した未来の自分をイメージし、頑張っていきましょう!

【男子バスケ部】県新人T.O

男子バスケットボール部です。

先週末(1/11、12)、県体育館で行われました、県新人大会にテーブルオフィシャルとして参加してきました。

地区大会で負けてしまったため、今回は運営の補助として参加です。

地区の仕事をしっかりやっていくのも、その地区の高校の大事な仕事。人数の少ない我々は、他校にも協力していただきながら、なんとか全うしてきました。

プレイはできませんでしたが、見ることも大事な勉強!

アップの様子、練習メニュー、声がけ、フォーメーション、ドリブルテクニックなど、取り入れられるものはどんどん取り入れていきましょう。

県ベスト16の壁はとても高く、先輩達もまだ乗り越えられていません。いつかは乗り越えていきたい。

思いも新たに、次の練習からも頑張っていきましょう。

<前のページへ | 次のページへ>

アーカイブ

2020.02

 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

カテゴリー