山本学園高等学校 YAMAMOTO GAKUEN HIGH SCHOOL

アーカイブ

みこころ祭りにボランティア(6月2日)

  • 今回のボランティアは、3年生の7人で行ってきました。
  • 本校の係は、『かき氷・ジュース・水ヨーヨー』『チャンス券』『焼きそば』

  • 水ヨーヨーは、はじめ作り方のこつがつかめず、顔にかかり苦戦したようです。かき氷はとても厚かったので長い列ができました。

  • チャンス券はいろんな景品があり、みなさん何が当たるかワクワクしながら購入してくださいました。

  • 焼きそばは、販売時間前から予約がたくさん入り大忙しでした。利用者の方や地域の方がとても楽しそうに過ごしてくれたようなので、私たちもボランティアに行って良かったと思いました。

部員:海藤愛紗

モンゴルから勉強にきている生徒さんと交流(5月27日)

・① 今年も、モンゴルから日本語の勉強にきている生徒さんたちと、「お好み焼き」を作って食べながら交流しました。モンゴルからいらっしゃったのは、ベッキさん(16歳:顧問の松田先生のお宅にホームステイ)とナサさん(16歳)、ドルチェハンド先生(通訳兼引率)の3名です。

  • ② お好み焼きを、2班に分かれてレシピを見ながら一緒に作りました。はじめ戸惑ったので、一回練習しておけば良かったと思いました。

    • ③会食の時は、ベッキさんが皮から手作りしたモンゴル料理の「ボーズ」も蒸して食べました。中に入っているのは牛肉と玉ねぎと塩だけなのだそうですがとてもおいしかったです。

  • ④私たちは、日本のことを教えたりモンゴルのことを質問したりしながら、楽しく交流することができました。驚いたことは、モンゴルは男の人は遊牧民としての仕事があるので、先生や医者・社長さんなど女性が多いこと。女の子たちは、小さい頃からお手伝いをたくさんして、小さい子の面倒を見たり食事を作ったりするので、みんなが料理できることなどです。        部員:鎌倉麻衣

リサイクルズック(4月・5月23日)インターアクト部

本校の大場先生が参加している、NPO団体を通じて海外に送っているズックの洗濯と梱包のお手伝いをしました。今年は卒業生から31足譲っていただき、4月に洗濯した物を5月23日に梱包し郵送しました。昨年はタイ向けの船にのったらしいですが、今年はどこの国に送られるのか楽しみです。マダガスカル島へ衣類を送った際は、日本からの物はとても品質が良いと喜ばれたそうです。

副部長 鈴木夢夏

第98回あしなが募金参加(5月11・12日)インターアクト部

あしなが募金に参加してきました。昨年までは4月に4日間行われていましたが、今年度は5月開催のため、2日間13名の参加となりました。AZ七日町と山形駅の通路で3時間立ちっぱなしで、足が痛くなりつらかったのですが、千円札での募金や「お疲れ様~」などと声をかけていただき、うれしい気持ちになりました。

部長 正野渚純

 

<前のページへ | 次のページへ>

アーカイブ

2019.08

 
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー